金融資産一億円以上を持っている人のことを世間では富裕層と呼ぶそうです

金融資産一億円以上を持っている人のことを世間では富裕層と呼ぶそうです。確かに土地などの不動産を抜きにして一億円を持っている人というのはお金持ちといっていいのではないかと思います。
しかし、ただ一億円以上の資産を持っていてもそれを全く使わないで節約しながら生活している人もけっこういるようなのです。そのような生活をして溜め込んだ一億円と言うのは何だか違うような気がするのです。
おそらく、そのようにして一億円以上を貯めた人というのは、いったい生涯いくら稼いだのでしょうか。私から見ると今いくらの金融資産を持っているというよりも、実際にいくらのお金を稼いだかが本当は重要なのではないかと思うのです。なぜならば、生涯にいくら稼げたかがその人の力であって、いくらお金を溜め込むことができたかがその人の実力ではないからです。
ですから、私はこの富裕層というものを目指すのではなく、生涯にいくら稼げるのかを競う方がよりいいのではないかと思うのです。お金 借りる 夜間

金融資産一億円以上を持っている人のことを世間では富裕層と呼ぶそうです