脇役から主役になった武将のヒーローが大河ドラマになる

NHK大河ドラマは歴史上の人物を描くのが中心となっているが今年は「西郷(せご)どん」が放送していまして今年は明治維新150年に花を添えている形となっている。

そして、来年度の大河ドラマは東京オリンピックの前年に当たる事で「いだてん」となりましたがここは来年度の放送に向けて現在、熊本県でロケをしているがその東京オリンピックの年のNHK大河ドラマが発表されて主演も発表が行われた。

歴史上の人物を描くのは「明智光秀」を中心に描く「麒麟(きりん)がくる」とタイトルが決まりましたが学校に学ぶ事もある本能寺の変など歴史上で天下を取った人を描くが家族を中心になると思われている。

動物かと思われましたが黄金の鎧だと思っているが脇役が一気にスターになった感じだと思う所もある。
大河ドラマではよく出ていた事もあったが主役なるのは初めてかも知れないがこうした作品では珍しい所もあるので注目もしているかも知れないという事になる。

そして、この明智秀光を演じるのが長谷川博己さんが主演となるがその前にはこの秋放送される朝の連続ドラマ小説でも出演する事が決まっているが朝ドラから大河ドラマに出演している人もいるので脇役でも大河ドラマには主演すると言う事になるが収録が終わっても休む暇はないと感じている。

収録事態は来年からとなるが戦国武将も多く出る大河ドラマにはなるが戦国ブームが再び起きるかもしれないので蘇りそうだと思っているのです。モビット 契約機

脇役から主役になった武将のヒーローが大河ドラマになる