即日融資ランキング。キャッシング・カードローンで即日審査お金借りる。10万円など少額

安心して借りることができる即日融資は?

その日または即日にお金が必要な場合は即日融資がオススメです。
しかし、急いでいる時こそ後々失敗しないためにも、どこの即日融資を利用するかは慎重に選ぶ必要があります。
当サイトでは、急いでいるけれど安心して借りられるキャッシングをランキング形式でご紹介。
即日融資に特化したキャッシングを厳選しましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

オススメのキャッシングサービス

 

 

 

即日融資ができるローンの種類

即日融資はどこのキャッシング・カードローンでも可能なわけではありません。
即日融資を得意としているところとそうでないところに分かれます。
特に即日融資がメインのサービスとしているのは消費者金融
土日祝や夜間でも審査を受けることが出来ますので、最短でその日のうちにお金を借りることが出来ます。

 

そして最近増えてきたのが銀行。
消費者金融ほどではありませんが、自動契約機などを設置したりと最近力を入れています。
銀行の即日融資の最大メリットは金利が低いこと。
ただし、口座が必要だったりと多少手続きに面倒な部分もあります。

 

それ以外にも信販会社などがありますが、こちらは審査に1〜2週間かかるため即日融資には向いていません。
では、この2つのそれぞれの特徴についてご紹介します。

 

銀行カードローン

  • 金利が低い
  • 総量規制対象外なのでまとまったお金を借りることができる
  • 銀行窓口と一緒になっている場合があるのでバレにくい

 

銀行の最大のメリットは低金利
銀行で即日融資が叶うなら、それに越したことはありませんね。
次に、総量規制対象外であること。
年収の3分の1以上の金額でも借りることができるので、まとまったお金が必要な人には便利です。
しかし、即日融資で初回から高額を借りるのは難しいかもしれませんね。

 

そしてもう一つは、銀行のATMや窓口などの店舗内に自動契約機が置いあてるので人目を気にせず契約することができるところ。
人に気づかれたくない、バレたくないというのは誰しも考えた事があると思います。
銀行の即日融資なら、万が一誰かと会っても安心ですね。

 

消費者金融カードローン

  • 即日融資が基本
  • 無利息キャンペーンがある

消費者金融の最大のメリットは、即日融資が基本なところ。
消費者金融はよほどのことがない限り、審査結果はその日のうちに出ますし、ほぼ翌日までにはお金を借りることができます。
つまり、消費者金融は即日融資が基本なんですね。
しかも、夜間や週末でも審査をしてくれるので、曜日や日時を選ばずにいつでも困った時に利用することができます。
そして次のメリットは無利息キャンペーンがあること。
このキャンペーンは消費者金融のみが行っており、一定の期間内は利息が0円になるというキャンペーン。
消費者金融は通常の金利は業界でも最高金利なので敬遠されがちですが、すぐに返済できるのであれば銀行よりももっと低金利でお金を借りることができるのでおトクです。

 

どちらも即日融資は可能ですが、より確実に借りたい場合は消費者金融の方がオススメです。
ただし、借りたい金額が大きい場合は金利をよく確認しましょう。
数日かかってもかまわないのであれば、銀行を選択した方がいい場合もあります。
借入金額と金利のシュミレーションを行ってしっかり比較した上で決めるようにしましょう。

即日融資で借りるための3つのポイント

即日融資はあなたが思っているよりも現実的です。
消費者金融であれば、ほとんどがその日のうちにお金を借りることができるでしょう。
ただし、ちょっとしたミスや少し申し込みが遅れただけで、実際に手元にお金を借りることができるのが翌日になってしまう場合があります。
そこで、即日融資を確実にするための3つのポイントについてご紹介いたします。

本審査の回答可能時間を確認する

審査には仮審査と本審査があります。
仮審査は他社の借り入れ状況や年齢・職業など簡単な審査になります。
仮審査に通過した人だけが本審査を受けることが出来ます。
即日融資で大切なのは、この「本審査」に対して回答をいつ貰えるか?ということ。
つまり、何時までなら本審査の回答が可能かということです。
この時間内に審査に通過すれば、その日のうちにお金を借りることが可能です。

書類の不備がないか

書類が間違っていた場合はどうにもなりません。
特に金曜などの週末だと、審査や契約はやっていても公的書類を手配することができないこともあります。
特に現住所には注意が必要です。
住所変更をしていない方は、住民票の写しなどが必要です。
現住所に変わりがない方は免許証のみでOKなので、免許証の住所は変更しておくようにしましょう。

在籍確認について

どうにかしようにもどうにもならない人もいるかもしれませんが、審査の最後は在籍確認です。
夜間や土日祝は在籍確認ができない人は、在籍確認ができる日まで借りることができませんので気をつけましょう。
ただし、キャッシング会社によっては在籍確認を社員証などでもOKとしてくれるところもありますので、申し込みの際に確認するようにしましょう。

 

この3つのポイントは、よく見落としがちなミスであり、契約上どうしても必要なものですので待ってもらったりナシにしてもらったりすることができません。
審査を受ける前に、現住所在籍確認時間、そしてなにより今申し込みをして審査を受けることができるかどうかを確認してから申し込みをするようにしましょう。そうすることで、より確実に即日融資を受けることができると思います。

収入証明がなくても即日融資は可能?

お金を借りる時に必要な書類のひとつに「収入証明」があります。
収入証明とは、源泉徴収票や給与明細、市民税、県民税額の決定通知書、所得証明など、今あなたがどの程度の収入があるかを証明するための書類です。通常、ローンなどでお金を借りたりする場合は提出を求められることが多いですね。

 

今まで即日融資では、この書類の準備が非常に難しいとされていました。
今日借りたい、今お金が必要、という方で、給与明細や納税証明、源泉徴収票が自宅に保管してあるという方はまれです。
ローンを組むために書類を揃える必要があるものばかりです。
今日借りたいのに今日この書類を集めるというのはは非常に難しいですよね。
そこで、消費者金融ではほとんどの場合が50万円以下の借入なら収入証明が不要です。
銀行の場合は銀行によって差がありますが、だいたい100万円〜300万円以下の場合は収入証明は不要。
銀行の方が借りられる金額も高額なので、収入証明もその分高額まで不要ということになるようですね。

 

今日借りたいけど収入証明が準備できない、という方は金額を低めで申請すれば収入証明ナシで申し込みできます。
増額したい場合は後日収入証明を提出すればいいので、最初は低めの金額で申し込みをすることをオススメします。

即日融資と自己診断

消費者金融には、自己診断というものがあるのをご存知ですか?
自己診断とは、仮審査を受ける前に自分で診断を受けることができるツールで、各消費者金融の公式サイトに設置されています。よく、「3秒診断」「1秒診断」などと書いてあるのはこの診断シュミレーターのことなんです。

 

この自己診断、私はぜひ受けることをオススメします。
自己診断なので、診断をしたからといって消費者金融から勧誘などの連絡が来るわけではありませんし、なにより審査を受ける前に自分で確認ができるので、時間短縮につながります。

 

自己診断に通過しなかった人は申し込みをしても本審査に通過しないので時間がもったいないですよね。
特に急いでいる方は少しでも確実に借りられるところで契約をしたいと思っていますので、自己診断で通過したところで申し込みをした方が確率が高いです。

 

ただし、自己診断は審査を受ける前の簡易な診断なので、自己診断でOKだったからといって本審査に通過するとは限りません。しかし、自己診断でNGだった場合は確実に本審査には通過しませんので、最初に診断を受けておいた方が時間短縮担っていいと思います。

 

急いでいる方ほど、まずは自己診断を受けてみることをオススメします。